伊豆沖、孤独な熱帯魚
  •  静岡県伊東市富戸の伊豆半島の浅瀬に6月下旬、日本で観察
    されたことのない熱帯魚スパインチーク・アネモネフィッシュ
    が1匹現れた。水中写真家の伊藤勝敏さん撮影。稚魚が
    黒潮に乗って流れ着いたのではなく、人為的に放流された可能
    性が高いという。研究者は、在来種との交雑の恐れを指摘している。
     この魚は全長約10cm。クマノミ類の一種で、イソギンチャク
    に寄り添って暮らす習性がある。マレー半島やインドネシ
    ア、フィリピンなどの海に分布する。


    突然出現放流の疑い

     神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能宏・主任研究員(魚
    類分類学)が調べたところ、1稚魚が浮遊生活をする期間が短く、
    海流に乗って分布を広げる可能性が低い2体の大きな固体
    がいきなり現れたた、などの理由で「移入種とみるのが妥当」
    結論付けた。
     日本の海には、6種類のクマノミ類が生息している。瀬能さ
    んは「1匹でも、在来のクマノミと交雑する危険性がある。越
    冬できるかどうかは分からない」としている。